Picbear logo Browse Instagram content with Picbear

#鯨肉

Posts tagged as #鯨肉 on Instagram

1.059 Posts

母の会社員時代によく行ってたというお店に還暦祝いで行ってきました。 料理も店主も最高すぎました! #鯨肉
魚が旨い店。 今日は夕方からまったり飲み。 チーズ揚げ、中落ち、鯨刺身。  とくにクジラは最高。生姜と大蒜でウマーー。 .  ちなみに、シー・シェパードというキチ○イ団体は、昨年、日本で成立した「テロ準備罪」によって日本での活動を諦めざるをえなくなりました。 .  テロリストだった事を自ら認めたワケです。 . おーーい!ワトソン君?見てるーー??! . . #鯨 #鯨肉 #fucktheseashepherd  #seashepherd #ecoterrorism #ecoterrorist  #hypocrite #whale #whalemeat #japanfood #japanesefood #japaneseculture
盛岡祐寿司で鯨肉刺身マジ卍(笑)  #寿司屋  #鯨肉
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)のプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)のプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)のプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)のプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
鯨ステーキ@東京は神田の一乃谷。低温調理のミディアムレア #鯨 #鯨肉 #ステーキ #鯨ステーキ #神田 #一乃谷
#repost @mami_animal.love.vegan with @get_repost ・・・ 毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)のプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。
毎年9月〜3月の間は和歌山県太地町でイルカの追い込み猟が解禁されます。 イルカは強い絆を持つ動物なので仲間や子どもをかばい、群れ(家族)ごと捕獲されてしまいます。 食肉用と水族館の生体販売用とに選別されます。 食肉用のイルカ達は、脊髄に金属の棒を深く突き刺されて殺されていきます。そして、海に血が流れないように傷口に栓を打ち込まれて最期まで激痛で苦しみます。  水族館の生体販売用にされるイルカ達は、広い海から水族館(虐待施設)の薬漬けのプールに連れられ狭い水槽の中に閉じ込められ無理矢理芸を一生されまくられます。 野生のイルカ達は1日の平均移動距離は約60〜100kmの距離を泳ぎ、100メートル以上潜ることができると言われています。 ですが、水族館で一生閉じ込められているイルカ達はたったの数メートル、数十メートルしか移動できなく、イルカ本来の生活環境を再現することは確実にできません。  本来イルカ達が住む場所はプールの水槽の中ではなく、『海』です。 イルカは野生の動物です。 野生だったのにある日突然、人間に無理矢理捕獲されてしまい、親と離れ離れにさせられ愛する家族を目の前で殺され、生体販売用のイルカ達は一生水族館の水槽の中に閉じ込められ様々な芸を無理矢理イルカトレーナーに強制的に覚えさせられます。 それを支えているのは娯楽の為に水族館のチケットを購入している人間、娯楽の為にイルカショーを見ている人間です。

Loading